米国ボーイング社との共同開発により空力性能を追求したヘッド形状とNEWスピードステップクラウンにより、前モデルよりフェース面で約10%、ボディで約30%の空気抵抗を軽減しました。これによりヘッドピードが上がり飛距離アップを実現しています。また、フェースを薄肉化することによりフェース全体でボール初速を高め芯をはずしても反発が下がりにくい設計に進化しました。さらに、フェースで約9g、ボディで約2g軽量化し、合計約11gの余剰重量をヘッド周辺部に配置することで前作比約10%慣性モーメントをアップと約15%低重心化にも成功し向性の安定とバックスピンの軽減に貢献しています。シャフトには藤倉ゴム工業社との共同開発による「XR(2016)カーボンシャフト」を装着しており、掴まりと飛びに特化した先中調子のスムースな振り抜きを実現します。シャフトにはグラファイトデザイン社のツアーAD(TPシリーズ)カーボンシャフトを装着しており、長尺傾向にもマッチした静かなしなり戻りで振り遅れを軽減させ、さらに先端高剛性を加えることによりボールミート率を向上させています。安定したシャフトの走りと飛距離を誇り、軽量であってもしなやかにしっかりと戻り、安定したインパクトで力強い弾道を生み出します。



当店営業日の午前中のご注文で翌日配送あす楽!
よくあるご質問