竹垣に白い上品な花模様を染めた、紬の名古屋帯です
色数を抑えた墨絵調の意匠が、味わい深いひと品です
生地は柔らかな正絹、節のある紬地です

お太鼓のシミは薄く目立ちにくいものですが、前柄、関東巻側(帯を反時計回り)の(A)はやや濃い色目のため気になります
ほか経年により地に薄い変色や、締め跡の筋もありますので、詳細は図と写真でご確認ください (黒字:表、赤字:裏)

多少の傷みはありますが、普段着などにお気兼ねなくお楽しみいただければと思います

文:豊田

*おおよその地色 - HTML code (BACECF)

■■■

歴史戦後から昭和中頃
状態良い
生地
サイズ
31cm
長さ370cm
31cm x 113cm
15.5cm x 257cm
実重量0.55kg
よくあるご質問